スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜の子パーティー


もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ
先日、都内某所で竜の子プロダクション創立50周年記念パーティーが行われた。

竜の子作品に携わった多くの人たちや、大平透さん、小原乃梨子さん、肝付兼太さん、そして僕、笹川ひろしさんとのトークショー、ささきいさおし氏が「たたかえ! キャシャーン」を、堀江美都子さんが「アクビ娘の歌」を歌ったりと、数々の竜の子作品の思い出に浸るひとときだった。


この写真の左に写っているのは、アクビちゃんの原作者でもあり、故吉田竜夫氏の長女でもある吉田すずかさん。

「マッハ GoGoGo」でテレビアニメの主役デビューをしたのが1967年4月だから、僕が22歳の時である。

みんなそれなりに皺は増えたけれど、心は当時のまま。(みんな、燃えていたなあ)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■祝竜の子プロ50周年ですね。

すてきな一日を過ごされたのですね。

先日TV番組に笹川ひろしさんが出演されていたを拝見しました。
タツノコアニメが大好きなので、2009年に地元県内美術館で開催された「タツノコプロの世界」展に感激したことも記憶に新しいです。

2 ■タツノコ大好きです!

いつまでも変わらない皆さん、本当に素敵だと思います。
タツノコアニメも同じですよね。ずっと変わらず面白くてワクワクして、世代を越えて愛されてると思います。
私もタツノコアニメ大好きです!
吉田竜夫さんの絵が大好きで、竜夫さんが描くケンを真似て描いたりしてました。
宇宙エースもマッハGoGoGoもテッカマンも樫の木モックもハクション大魔王もみなしごハッチも紅三四郎も、もちろん科学忍者隊ガッチャマンも、子供の頃から大好きです。他にもたくさんのタツノコアニメが子供の頃の私に夢や笑いや勇気やいろんな物をくれました。
そんな私も今年で50才になりました。

タツノコバンザイ!

3 ■ありがとう タツノコアニメ

作り手側の愛情が感じられて
子どもの時も今も、安心して
ワクワク観ています。

これからもお気に入りの作品は
私の側で生き生きと、色褪せることは
ないでしょう。
森さんのLovelyな声にも
きっとずっとドキドキです!

4 ■祝50周年~\(^O^)/

私たちにずっと変わらぬ情熱を届けてくださる皆さんに感謝です!!

マッハGOGOGOって '67だったんですね
再放送でしか知らなくて…
'65生まれなもので…(笑)

ガッチャマンが大好きです!
星の数ほどあるアニメ作品の中で、最も好きな作品です!

5 ■無題

竜の子作品と言われて何が・・・・
って考えたらキリが無いくらい沢山見てました。

子供の頃はこんなアニメもあったんだよと
今の子供達にも胸を張って言えます^^


私が1番好きだったのは何と言っても
破裏券ポリマーですね^^

6 ■貴重なお写真

森さん、堀江さん、佐々木さんとくれば「愛してナイト」ですね!タツノコ作品ではないですけど。

ガッチャマンは一番好きなアニメです。あれを越えるアニメ作品はないのでは、と思います。。
今さらですが、森さんはじめスタッフ、キャストの皆様、素晴らしい作品をありがとうございました。


7 ■タツノコ☆祝☆半世紀!

幼い頃から馴染みのあるタツノコ作品ですが、
本格的に興味を持ち出したのはここ最近です(^-^)

ガッチャマンをはじめ、森さんが出演されている作品を中心に観ているのですが、
全っ然色褪せていませんね!

観ていてドキドキしますし、何度観ても楽しめます!
今はレンタルしているのですが、いずれDVD BOXを買って手元に置いておきたいです。あと子供が生まれたら是非観せたい!(…こちらについては未だ予定がありませんが(^_^;))

これからもタツノコと森さんに栄光あれーーーッッッ!!!

8 ■Re:祝竜の子プロ50周年ですね。

>hiroaneさん

竜の子アニメのロゴマーク竜の落とし子。
僕がマッハをやっていた頃は、可愛いロゴだなって思っていたん
だけれど、その直後に、青森で仕事をした帰りに行った水族館で
初めて見たとき、「え?ホントにいるんだ!」ってビックリしてね。
水槽の中で尾っぽ(?)を藻に絡ませてジッとしていたのが印象
的だったなあ。
ただそれだけの話しなんだけれどね。(^^ゞ

9 ■Re:タツノコ大好きです!

>せこぴさん

何で昔のアニメがいいのかなって考えたとき、
もしかしたら、アナログ時代の手書きにあるんじゃないかなと。
当時は、アニメとして放送されるまでに、何千枚ものセル画を
一間一枚重ね合わせて撮影していくという、画を描く側も、
それを撮影する側も、手作り感があったからなんじゃないかと
思うんだよね。
デジタル化され、CGの技術が進み、それなりに迫力のある
作品が主流になってきたけれど、パラパラ漫画の電子版とでも
言うべきか、風景やキャラクターの表情にも魂が込められて
いるような感じがすると思わない?

今、手書きのセルを使って放送しているのは、サザエさんくらいなのかな。

10 ■Re:ありがとう タツノコアニメ

>みるくれーぷさん

ええーっ?
ラブリーかなあ。テレテレ(^^ゞ

でも、いさお氏にしてもミッチーにしても、大平さんや小原さん、
肝付さんと、皆さん声が若いよねえ。
ステージに上がってトークをした声優陣の中で僕が一番年下。
ぺえぺえの若造が、大先輩と喋るだけでも緊張のしまくり。
昔は、スタジオでもいい意味でのピリピリ感があったなあ。

11 ■Re:祝50周年~\(^O^)/

>ひろめさん

マッハでデビューして、テッカマン、ガッチャマンと、
僕の中で代表作として誇れる作品だね。
当時、貧乏生活をしていて、6畳一間のアパートに住んでいた頃、
狭い部屋に遊びに来てくれた吉田竜夫氏の温かさに触れたことも、
竜の子アニメを好きになった大きな理由かな。

あ、いけねえいけねえ、ウルッと来てしまったぜぃ。

12 ■Re:無題

>ミトコンドリアさん

本当に、どの作品をとっても優劣つけがたいよね。
ギャグ有り、シリアス有り。
そのどれもが、思い出に残るものばかり。

マッハでは世界を、ガッチャマンでは地球を、テッカマンでは宇宙を。
そしてそこには、人間ドラマがある。

そしてもう一つ、アニメを語にはやはりその主題歌を忘れることは出来ない。
血湧き肉躍るそれぞれの主題歌。
自分が出ていない作品の主題歌も空で歌えたりね。

僕はしっかり演歌の世代だけれど、時々行くカラオケでは
アニメソングも歌ったりなんかして。へへ

13 ■Re:貴重なお写真

>ジュンちゃんさん

勿論、竜の作品以外でも素晴らしいアニメはたくさんあるよね。
この愛してナイトは、超イケメンキャラをいさお氏と僕で演じ、
ガッチャマン以外での初めての共演。
収録が終わるといつも飲みに行って、二人ともおっさんしてたなあ。アチャー(^^ゞ

14 ■Re:タツノコ☆祝☆半世紀!

>ゆかいさん

えへ、どうもどうも。<m(__)m>

ガッチャマンに限らず、昔のアニメにはハートのあるものが多いもんね。
何といっても、作り手側が、暗中模索、試行錯誤の中で
作ってきたからじゃないかな。
現代アニメの元となっていると言っても過言ではないと思う。
ジャパニーズアニメがここまで世界的になったのも、
そんな先人たちの積み重ねてきたもののお陰だと思っているんだ。

さしずめ、ニッポンのアニメは永久に不滅です!
(ふる!)

15 ■Re:タツノコ☆祝☆半世紀!

>ゆかいさん

えへ、どうもどうも。<m(__)m>

ガッチャマンに限らず、昔のアニメにはハートのあるものが多いもんね。
何といっても、作り手側が、暗中模索、試行錯誤の中で
作ってきたからじゃないかな。
現代アニメの元となっていると言っても過言ではないと思う。
ジャパニーズアニメがここまで世界的になったのも、
そんな先人たちの積み重ねてきたもののお陰だと思っているんだ。

さしずめ、ニッポンのアニメは永久に不滅です!
(ふる!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。