スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメとは

たまには真面目にね(笑)


夢と冒険の世界

それは、血湧き肉躍る無限の喜び

現実を飛び越えた感動を与えてくれる



アニメが劇場版となって上映されると

決まって「?」が頭の中を埋め尽くす


いい悪いではなく、

何となく無理があるのではという疑問が起こるのだ。


今はやりのコラボ?

それもいい


でもねえ・・・


とはいえ

今や、サンタクロースが誰なのかなんて

小さな子供でも知ってる時代になって

枕元に靴下を置いて寝る子は少なくなってきていることだろう


森功至という名前が今あるのは

故吉田竜夫氏がいたからこそのもの。


彼は、アニメの世界に夢を抱いていた

まるで小さな子供のように…


声優アワードで功労賞を頂いたのも

タツノコアニメ50周年という吉田竜夫イズムへのご褒美であり、

それを代表して僕が受け取ったに過ぎない


あの日、会場に彼がいた

にこやかに笑みを浮かべて

見つめていた


マッハ号は今も走り続けているし

ゴッドフェニックスは、相変わらずジョーと喧嘩しながら火の鳥になっている

そして宇宙ではテッカマンが飛び回っている


なくしたくないし

壊したくないし

忘れたくないんだよな

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。