スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画

図書館戦争を観たよ


この作品は深夜にアニメとしてやっていたようだけど、

僕は視ていないので内容も出演者も知らない。


事前の知識がなかったからなのか、面白く視ることが出来たよ。


何よりも、映画の撮影って、外のシーンとか室内のシーンなど、

バラバラにに撮影するので、芝居も連続しているわけではない。

飛び飛びに撮影されても、前後の芝居を気持ちの中で継続して、

感情表現がちぐはぐにならないよう、集中力を必要とする。


本をしっかり読み込んで役作りをしないと、出来ないことだよね。


図書隊隊長の岡田准一、女性隊員の榮倉奈々の演技に好感が

持てたかな。

二人とも、そのキャラクターを存分に生かしていたのでないかと思う。

素直に楽しめまた作品だったね。


それに、気持ちの繋げ方というものを勉強させられたし。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。