スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日のこと

地下鉄の電車に乗ろうとしたとき、車内の中ほどのところがガラ空きだったので、

奥へ入ろうとしたら、ドア側の座席にある掴まり棒のところにいた、26~29歳くら

いの髪を茶色に染めた女性が壁になって奥に入れない。

もう半歩座席側へ寄ってくれれば、隙間を縫って奥へ行けるのだが、何故かそ

の女性は足を踏ん張ったまま道を空けてくれず。

やがて電車のドアが閉まり走り出し、僕はドアのところに下がっている吊革に

掴まっていた。

ところが、電車が揺れる度に、僕の二の腕から肘がその女性の髪の毛に触れ

るようで、僕の身体を肩で押しのけようとしてくるではないか。

思わず彼女の顔を見たのだが、彼女は僕と目を合わせない。


そんなことを数回やっているうちに、彼女が降りる駅に近づいたらしくモゾモゾ

と動く気配が。

そして、電車は駅に到着し、僕は彼女が降りやすいようにスペースを空けてあ

げた。


しかし、何なんだろうね。

ちょっと身体を前に移動するだけで、自分の周りにゆとりが出来るのにそうしよ

うとはしない彼女。


自分勝手というか、周りに与える迷惑を感じないのだろうかと思うような出来事

が、最近、身近なところでも起きたのである。


大人の自覚

大人の責任


持ちたいものだね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。