スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南相馬市松川浦


もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ
1年経った今も、津波の爪痕が・・・

どんな言葉を持ってすれば、思いを伝えることが出来るのか。

これらの写真はごく一部。想像を絶する光景を目の当たりにし、
自然の力の恐ろしさを思い知る。勿論、頑張って再開しているところもある。もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ出会った人の笑顔が救いだった。

もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ

もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ

スポンサーサイト

あれから・・・


もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ

311


生まれて初めてアスファルトの裂け目から上る土煙を見た。

生まれて初めて大地が引き裂かれる音を聞いた。


空は、突然快晴から赤紫色に変わり、吹雪になった。

崩れる家、泣き叫ぶ人々、火のにおい、

教科書でみた戦時中の様だった。

歴史的な災害が起きていると肌で感じた。

もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ

何度も続く大きな揺れ。

繰り返し伝える津波警戒への呼びかけ。

波に飲み込まれる人が映像に流れる。

その人には届いていなくても、繰り返し津波警戒を伝える。

ただただ無念だった・・・

その後の311日の記憶は定かではない。

無我夢中だった、伝えることで精一杯だった。


今なら思う。私たちは過信していたのではないか。

前々日の地震でも、津波注意報が出ていた。

到達予想時刻、私は沿岸で津波のリポートをしていた。

もしも11日だったら・・・

原発立地県として、知識がもっと必要だった。

国も参加する福島第一原発からの放射能漏れを想定した訓練は

大熊町のオフサイトセンターが会場だった。

しかし実際は、原発から20キロ圏内は放射能で立ち入ることが出来なくなった。

もしも当時疑問を抱いていたら・・・

震災から1年。

全国で福島県のことが伝えられる時間が減りつつある。

それでも、私たちは取材し続けなくてはならない。

まだ福島県では震災に伴う原発事故が続いていることを。

日本が、世界が、忘れないように・・・

それが使命。

311

あれから間もなく1年…


暗闇からの脱出は思うようにいかないけれど、

3月11日は、現地で取材にあたっていた地元の放送記者の手記を紹介する。

記者は何を思いどんな気持ちで取材したのか。

記者の目に映ったものは…


僕たちは

そこから何を学ばなければならないのか


僕は月末、

遅まきながら当地を訪れてみようと思っている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。