スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衣・食・住

人が生きていくために欠かせない物。それは


衣(寒さや暑さから身体を守る)

食(至福の瞬間であり、パワーの源)

住(安らぎと休息の場)


衣食住について男女の差を考えてみた。



衣:女性は、ファッションにことのほか強い関心を

抱いき、流行に敏感で、絶えずファッション誌をチェッ

クをし、最先端の流行を求めて止まないのに対し、

男は、ファッション関係の仕事をしてでもいない限り、

殆ど、着の身着のままでも頓着はしない。夏は涼しく、

冬は暖かければ、さしあたって不満はないのである。




次に食:食べることにかけても、女性の関心度は高い。

それは、美味を追求することに飽くなき戦いを繰り広げ

その成果として、別腹という摩訶不思議な胃袋を手に

入れたことだろう。男にはこれがない分(いや、我が

社の場合は例外もいるが…)、せいぜい、大盛り丼飯を

平らげることくらいだ。

しかし、女性は、ここからが本番とばかりに、驚くばか

りの食欲を発揮する。いやー、その凄さには思わず、

ぶっ飛んでしまう。




そして最後は住:一人で住むもよし二人で住むもよし。

ぶっちゃけ、例え部屋が散らかり放題であったとしても、

寝るスペースさえあれば、楽しい我が家なのである。

そこには、男女の偏差値もなくみな平等。

女性はあらゆる事に進化をし、

男は、何事にも出遅れ、このアンバランスな関係こそ、

人類に平和をもたらしているのではないかと、

睡眠不足を嘆きながらも、考えているのである。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。