スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大根


もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ
先週月曜日、ある番組を視ていたら、ペットにビタミンなどの栄養補給に大根の天日干しがいいと言うので、早速、大根を切って網に入れ、軒に下に吊してみた。





















もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ
これはその一週間後。


だいぶ萎んでしまった。


あと一週間はこうして天日干しにしなければいけないらしい。天日干しが完成したら、今度は骨が柔らかくなるまで魚のあらを煮込む。ガッちゃんたちのごちそうはもうすぐ出来上がる。

スポンサーサイト

レーザー

2年前に左目の白内障の手術をしたものの、

最近、その目の視力が落ちたためきの、病院に行って

診てもらったら、即、レーザー切開!

いや、ビックリした。

処置は5~6分で終わったけど、心の準備が出来てなか

ったので、ずーっと、ドキドキしっぱなしだった。(^^ゞ

別に痛くはなかったけどね。


きょうは、ガチャ目になっていた視界も良好。


実は、病院に行くきっかけとなったのが、

ビルの地下駐車場で角を左に曲がるとき、ハンドルを

切るタイミングを間違えて擦ってしまったから。


自分では、いつも通りのタイミングで切ったつもりが、

車幅感覚が上手くいかなかったんだろうね。

車が身代わりとなって入院したけど、

「大丈夫」と思っていると、思わぬ大事故にならないとも限らないので、

車を運転する人は、気をつけようね。

6才


もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ

13日、


ガッちゃんとショウちゃんは6才に。


便乗しているポンも8月には6才。


人間で言えば40才だ。


いくつになっても甘えん坊のショウ。


マイペースなガッちゃん。


我が儘に磨きをかけるポン。


みんな我が家の大切な家族だ。

番組の新年会


もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ

先日、「黄金伝説」の新年会があった。番組の収録後に行われたため遅い時間でのスタートとなったが、おなじみの芸人さんが揃い、トークも面白くこの会はいつも楽しい。

一緒に写真に収まっているのは、毎回テンション高めのナレーションを聴かせてくれる平井ナレーター。

彼が手にしているのは、抽選会でゲットした景品。今年は私は外れてしまったし。。。

伊達直人と森功至

今週は、「タイガーマスク」伊達直人のニュースで、新聞テレビなどの取材に

明け暮れた一週間だった。

テレビを視た人からは、私が顔を露出していることに驚いたようだ。

私も、最初にテレビ取材の依頼があったときには、確かに迷いもあった。


しかし、この一連の出来事は、ある種の社会現象である。


そもそも、伊達直人役は「富山敬」さんであることはファンならずともみんなが知っている。

とはいえ、その伊達直人を語れる彼は既に亡くなっており、そんな中、僅かな期間ながらも、

この番組に携わった森功至にコメントをというのは当然のことだろう。


バラエティ番組で、「私が○○の役をやっている××です」というのとは訳が違う。


悩みに悩んだ結果、取材を受けることにしたのだが、正直言って、東京キー局すべてから

取材を受けることになろうとは思ってもみなかった。


去年の衝撃的ニュースから年が明けて、多くの伊達直人が現れて以来、善意の行動は

広がりを見せ始めた。ついには、都道府県すべてにプレゼントが寄せられたのである。

この善意の連鎖は、それだけ、多くの人たちが強い関心持ったからなのではないだろうか。


森功至は、今後も、バラエティ番組での顔出しはしないつもりでいる。

なぜなら、私は、


声のドリームセーラーマンだから。

タイガーマスク


善意の輪が広がっている伊達直人。


その勢いは留まるところを知らない。


このニュースで、新聞テレビなどから、


取材の申し込みを受け、大変恐縮している。



体調を崩し入院された富山敬さんの代役として


伊達直人をやることになったタイガーマスクは、


本数にして6~7本だったような気がする。


40年以上も前のことだ。


当時は高視聴率番組だったので、ただひたすら


富山敬さんのイメージを壊さないようにとの思いで


必死だったということくらいしか覚えていない。


この一連のニュースに対してのコメントを求められ


大いに困惑しているが、伊達直人の出番がないような、


そんな世の中になるといいなと願わずにはいられない。

休みは今日まで


明日のめざましから仕事始め。


去年は色々なニュースがあったけれど、


今年は明るいニュースに溢れているといいな。

続けることの意味

佐々木功ここにあり!


「ささきいさおデビュー50周年記念特別公演」


客席からしっかり見届けさせてもらった。

自分より年上の彼が、その年齢を感じさせないパワーの凄さ。

感動以外何があるだろうか。

声量、高音の伸び、動きなど実に完璧なステージだった。

どれをとっても非の打ち所のないコンサート。


山あり谷ありを乗り越えてきたからこその50年。


テレビの番組で伸介さんが言っていた

「デビューは誰でも出来る。でも、続けていくことが難しいのだ」と。


命燃え尽きるまで、ささきいさおは歌い続けることだろう。

謹賀新年2


もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ

左からポン、ガッテン、ショウチノスケでぇ~す。

謹賀新年




あけまして


おめでとうございます。


今年もよろしくね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。