スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きだからこそ

この間、ある女性ディレクターが「私は、子どもの頃からテレビが好きで、

いつかテレビの仕事がしたいと思っていた」と話していた。

「今、自分がそのテレビの仕事をしているなんて、すごく幸せ」とも言っていた。


私は10歳の時に児童劇団に入り、紆余曲折を繰り返しながら今に至るが、

はて?

自分は、この仕事を好きと思ったことがこれまでにあっただろうか。

なんとなく子役をやって、なんとなく大人の事務所に入って、なんとなく歳をとって…。

まあ、少なくとも今は「なんとなく」ではないし、ここまで続けられたのだから、

嫌いということないはずだ。

ただ、芝居のしの字も勉強してこなかった自分は、「出来ない!」の連続であり、

それが壁となって、何度、やめたいと思ったことか。


間もなく65になんなんとする日を前にして、件の女性ディレクターのように、

この仕事を続けてきていることを幸せと思えるような瞬間を求め、

明日もまた、マイクの前にいるのだろうなと思うのだ。

スポンサーサイト

こんな日は

外は適度に寒く、雨はざんざん降りでもなく、風もそれ程強くない日の

混んでるムンムンとした熱気でいっぱいの電車内。

その上マスクをしてると…。

周りの人の濡れた傘が当たり、眼鏡は曇り、おでこや、マスクの下の鼻の周り、

そして、脇の下と、汗が噴き出して止まらない。

バッグと傘を持っているので、ハンカチが取り出せない。


ホントに変な陽気だなあ。


雨だし…。

もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ

今日は寒い。

なんか、風邪引いたみたいだ。

この姫は今日も元気。

間一髪

一車線道路で右折ウィンカーを出し曲がろうとしたら、

突然、バイクが右側から来て私の車すれすれに左折していった。

危ない!

後方確認した時にはミラーにも映っていなかったのに、いったい、

何処から現れたのか。

それにしても、最近、こうしたバイクや自転車の避けない、止まらない

ヒヤリとすることが多い。一歩間違えば大事故につがるということを

知ってほしいものだ。


車は急には止まれない、のだから。

こんな日は


もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ
もちろん、日向ぼっこだよねえ。

最近

吹き替えの仕事を何本か立て続けに頂いた。

ナレーションと違い、アニメや吹き替えは人がたくさんいて楽しい。

現場は若い人の活気と熱気で満ちているし、ファンにとっては有名人でも、

私にしてみれば浦島太郎状態で、殆ど知らない人たちばかりだ。

そんな中で、昔の仲間がいたりすると、爺の寄り合いみたいになって昔話に花が咲く(笑)

テスト→ラストテスト→本番と、緊張感を本番に向けてピークに持って行くのが楽しい。

ただ、中にはラストテストにも関わらず、台本の台詞とはまるで関係のないことを言って、

流れを変えてしまう人もいる。本番に向けての最終チェックも兼ねているラストテスト。

全ての番組でこういう傾向に出くわすわけでは勿論ないが、浦島太郎としては目が点状態だ。

いい作品に仕上げるためのリラックス法であろうにしても、ここでも時代は変わったんだなあと、

妙な感心をさせられる。

でも、なんだね、自分が主役の作品だったら、そんな人がいたら一喝するな。へへ。

今日は冬の寒さに逆戻りしたよう。

ダウンをクリーニングに出さなくて良かった。

このところの極端な気温の変化に、体調維持も大変だよ。

いったい、いつになったら暖かくなるのだろう。

まさか、このまま梅雨に入ったりしちゃってね。

チビール

家でビールを飲む時は、いつも350ミリ缶。これで大満足。

時にはこれさえも持てあましてしまう。

そこで、もっと小さな缶ビールを手に入れた。何と、135ミリ缶。

5口で飲み終わってしまう。それでも超ご機嫌。

何だか、ガリバーにでもなったような。


明日からまた肌寒くなるとか。

チビールで良い気持ちになるのも悪くない、かな?

こんなとき?

もし、会社の上司や、先輩、それほど好意を持っていない人と

エレベーターで一緒になったら。


飲み会などで、同じ方向の電車に二人だけになったら。


この気まずいシチュエーションを、読者はどうするか。

なんか変、身内のオフ会

                         


もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ

アメブロの使い方研究会のあと、宴会突入。

二次会はカラオケへ。

久し振りの飲み会でストレス気持ちよく発散したよ。

一年生

この時期、胸に「実習生」とか「研修生」とかのプレートをつけて、

やや緊張した面持ちで直立不動の一年生を見かける。

言葉づかいもいいし、それに何と言っても大きな声で返事をする。

いいねいいねえ。新鮮で。

先輩たちも、この時期ならではの模範的な指導に忙しい。

きっと、かつての自分を思い出してるんだろうな。

初々しいって、こんなにも眩しいんだね。

さむっ!

今日は雨も降っていて気温も低いので、肌寒いね。

で、明日はまた暖かいそうな。

みんな、風邪に注意しようね。

初体験しちゃったぞ。

アメブロでチャット初体験。

自分の作ったアバター(?)の部屋で、訪問者と話をするリアルトーク。

まだまだ、機能が分かってないけれど、それなりに楽しめたな。

しかし、やはり疲れることに変わりはないか。

使えないもどかしさというやつだね。

さくら

これは地元で撮った桜。

でも、天気が良くなかったからいまいちかな。


もりもり日記 - 森功至オフィシャルブログ

卵の話

書こうと思ってた風の話を先にされてしまったので、私は卵の話を。


ある日ある時、ある劇団の客演をしたことがあったときのこと。

暗転で舞台袖にはける時、一人の女優が何かにぶつかったのだろう。

真っ暗闇の中で突然「痛ーい!」と叫んだのだ。

公演が終わって件の女優を呼び、「いくら暗くて分からなかったからとはいえ、

芝居中に痛いとは何事か!それでも役者か!」と叱った。するとその女優は、

「あたし、まだ役者ではありません」(実際に彼女は研究生みたいなものだが)

そこで私は

「まだ役者ではなくても卵だろうがっ!」と激怒したのだ。

ところが彼女は負けてはいない。

「あたし、卵なんですか?」

私「……」

この瞬間、私は彼女に殺意を抱いたのである。


もう何十年も前の話なのだが、その後彼女は、役者で花を咲かせることなく散った。

今頃はきっと、普通の奥さんになって、普通のお母さんになっていることだろう。

いやいや、うば桜満開かも。

今日からリニューアル

今までの形と違うので、戸惑いがあるね。


早く慣れなきゃ。へへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。